mrasu’s blog

読んだ物の内容など

JPXによる、ブロックチェーンの効果について。

http://www.jpx.co.jp/corporate/research-study/working-paper/tvdivq0000008q5y-att/JPX_working_paper_No15.pdf JPXによる、ブロックチェーンの効果について。 検証ではブロックチェーンを分散DBとしてみているだけ。 ブロックチェーンを「総当たり暗号破…

CockroachDBの中 - gossip

分散関係のコードを読んでみようと思い、CockroachDBを見つけたのでgossipのところを読んだので、メモ CockroachDBとは CockroachDBは分散環境下で動くDBの1つです。 不完全ですが、SQLを使えたりACIDを備えていたりと、かなりRDBに近い動きをします。 名前…

Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems (4章)

「Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems」の4章 メモリダンプのように、分散システム全体に対する「現在状態」を取得する方法について 全コンピュータ同時に取ることはできないので、分散が牙を剥く Distributed Computing: Principl…

Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems (3章)

「Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems」の3章 コンピュータ内の時計に誤差が発生するせいで、発生順と発生時間が同じにならないので、どのように時刻を取るかという話 時間すら定義が必要とか、分散怖い・・・ Distributed Computi…

Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems (2章)

「Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems」の2章 メッセージパッシングやイベント、現在状態の見方など分散プログラムが通常のプログラムと違う部分を紹介しています。 Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems作…

Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems (1章)

「Distributed Computing: Principles, Algorithms, and Systems」という分散システムについての教科書を読み始めました。 Hadoopが「『超人しか使えない』分散システムを凡人が使えるようにしたライブラリ」という評価を受けていて、 どれほど難しい世界な…

算機プログラムの構造と解釈(5章)

「計算機プログラムの構造と解釈(SICP)」の5章(最終章)です レジスタを使用するような計算を実装します。 レジスタを使用するような表現法を再現し、 Lispで書かれたものをレジスタ表現に置き換えます。 つまり、「アセンブリ言語を入力としてLispを実行し、…

算機プログラムの構造と解釈(4章)

「計算機プログラムの構造と解釈(SICP)」の4章です 解釈法を定義し、文字列を読み込み、実行できるようにします。 コンパイラやDSLなどで行われる方法で、Lispで実行できるようにします。 計算機プログラムの構造と解釈 第2版作者: ハロルドエイブルソン,ジ…

算機プログラムの構造と解釈(3章)

「計算機プログラムの構造と解釈(SICP)」の3章です 関数型プログラミングとストリーム、遅延評価についてです。 計算機プログラムの構造と解釈 第2版作者: ハロルドエイブルソン,ジュリーサスマン,ジェラルド・ジェイサスマン,Harold Abelson,Julie Sussman,…

算機プログラムの構造と解釈(2章)

「計算機プログラムの構造と解釈(SICP)」の2章です 必要なものを関数化して抽象レベルを上げます。 別型に共通インターフェースをつける、各型を区別できるようにする 各要素を区別できるようにする 型変換ができるようにする とすれば、共通インターフェー…

計算機プログラムの構造と解釈(1章)

「計算機プログラムの構造と解釈(SICP)」を読み始めました Structure and Interpretation of Computer Programs(SICP)の翻訳本。 Schemeを利用して、プログラミングパラダイムを考察、実装する本です。 実装のみをしている章は省いています 計算機プログラム…

30日でできる! OS自作入門 (4週目から最後)

「30日でできるOS自作入門」の4週目から最後までです この本でできるようになるのは描画、マルチタスク、API、ファイル処理 この本を使ってできるようになったのは アセンブラとCに慣れた APIの中で処理していることが分かった OSが処理している部分とCPUや…

30日でできる! OS自作入門 (3週目)

「30日でできるOS自作入門」の3週目分です マルチタスク、ファイル管理、API作成、メモリ保護までです。 30日でできる! OS自作入門作者: 川合秀実出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2006/03/01メディア: 単行本購入: 36人 クリック: 735回こ…

30日でできる! OS自作入門 (2週目)

「30日でできるOS自作入門」の2週目分です 時間を図れるようになります 30日でできる! OS自作入門作者: 川合秀実出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2006/03/01メディア: 単行本購入: 36人 クリック: 735回この商品を含むブログ (301件) を見…

30日でできる! OS自作入門 (1週目)

「入門 コンピュータ科学」が読み終わったので、 「30日でできるOS自作入門」を読み始めました。 30日でOSができるそうです! アセンブラとC言語がメインの低級層 高級言語ばかり触れていたので、完全な素人ですが、中学生でも理解できるよう に書いていると…

「入門 コンピュータ科学」 10章 - 最終章

「入門 コンピュータ科学」の10章から12章(最終章)までです。 CG, AI, 計算理論について 入門 コンピュータ科学 ITを支える技術と理論の基礎知識作者: J. Glenn Brookshear,神林靖,長尾高弘出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 201…

入門 コンピュータ科学 5章 - 9章

「入門 コンピュータ科学」の5章から9章です。 アルゴリズムからDBまで 入門 コンピュータ科学 ITを支える技術と理論の基礎知識作者: J. Glenn Brookshear,神林靖,長尾高弘出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2014/02/18メディア:…

入門 コンピュータ科学 3章, 4章

「入門 コンピュータ科学」の3章、4章です。 入門 コンピュータ科学 ITを支える技術と理論の基礎知識作者: J. Glenn Brookshear,神林靖,長尾高弘出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2014/02/18メディア: 大型本この商品を含むブロ…

入門 コンピュータ科学

「UNIXという考え方」が読み終わったので、 「入門 コンピュータ科学」を読み始めました。 「入門」という名前がつくように、内容が初歩的で知っている内容が多いので、用語の羅列が主になると思います。 入門 コンピュータ科学 ITを支える技術と理論の基礎…

UNIXという考え方(6章 ~ 最後)

前回に続いて、「UNIXという考え方」の内容を書きます。 範囲は、読み終わったので6章以降全部です。 UNIXという考え方―その設計思想と哲学作者: Mike Gancarz,芳尾桂出版社/メーカー: オーム社発売日: 2001/02メディア: 単行本購入: 40人 クリック: 498回こ…

UNIXという考え方(1章 ~ 5章)

時間が出来たので、今まで読みたかった本を読んで、内容をまとめます。 今回は「UNIXという考え方 - その設計思想と哲学」です。 新卒ソフトウェアエンジニアのための技術書100冊 - クックパッド開発者ブログといった「プログラミング系のお勧め本」として紹…